【ネタバレ注意】捨てられた皇妃・アリスティアの新婚生活があまあますぎて辛い【エイドリアンの日記】

少女漫画
スポンサーリンク

さてさて、この度のネタバレで「捨てられた皇妃」の結末がわかったわけですね。真蛸のネタバレを見ていない方は下のリンクからご覧ください。

がちで結末をネタバレしてますので、見たくない方はUターンしてくださいね。ちなみにこのネタバレには、アリスティアが誰と結ばれるのか、家を継げるのか、美優は現れるのかなどなど書いております。

【完全ネタバレ】捨てられた皇妃の結末・ネタバレはこちらから

そして、今回の記事はアリスティアとルブリスの新婚生活を描いた小説「エイドリアンの日記」より、アリスティアとルブリスのあまあまな新婚生活の様子を紹介していこうと思います。

もうイチャイチャ具合が半端ないです。この漫画のはじめでは、まるでアリスティアが片思いしているようですが、こちらではもうルブリスの方がアリスティアにデレデレです。アリスティアは「はいはい」みたいにあしらっています。(笑)

※韓国語版を翻訳しているので、一部解釈が異なる可能性があります。

スポンサーリンク

アリスティアとルブリスの新婚生活がラブラブすぎて辛い

さて、エイドリアンの日記にはアリスティアとルブリスのラブラブ具合がここぞとばかりにかきしるしてあります。息子のエイドリアンは、両親のその様子を見て冷静に恥ずかしいと言っています。

エイドリアン君の漫画での登場が死ぬほど楽しみです。髪色はアリスティアで、目の色はルブリスなのか(というか、それってアリスティアのパパですね。)、その逆もいいですね。青色の髪に、黄金色の瞳。あーーーーーーーーーー。

ルブリスにモーニングキスをするアリスティア

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

アリスティアがルブリスにキス!????しかもちょっとしたいたずら心だったらしいし、以前からルブリスにせがまれていたって?

だめだ、心臓がもたない・・・

しかもルブリスは寝たふりをしていただけで実は起きていて、お返しにキスの雨を浴びせます。

もう、やめてくれよ。かわいすぎかよ。

でもそこで、ルブリスが服の中に手を入れてきたのでアリスティアは我に返ります。大事な会議があるんだそう。

ルブリスは不満げに、アリスティアがモーニングキスなんかするから心臓が爆発しそうだというのです。うわー、お前らが爆発しろ。

会議中もいたずらしてくるルブリス

会議中隣どうしに座った二人ですが、アリスティアは手にぬくもりを感じます。

なんとルブリスが会議中に手を握ってきたのです。最初はアリスティアも、まあいいかといった感じでしたが、ルブリスはだんだんエスカレート。少し握り方がいやらしくなってきたところで、アリスティアはルブリスをにらみつけます(笑)

信じられない・・・かつてはルブリスの方がにらみつけていたのに

そしてルブリスが可愛すぎて辛い。ちゃんと仕事しろよな。

嫉妬しまくるルブリス

会議中、ルブリスはアリスティアに何やら筆談で話しかけます。その内容は、なんでミール公爵ばかりみるの(ミール公爵って誰や)。僕は凄く不快だという感じでした。

どうやら、疑っているわけではないが、今までもそういうことがあったから(アレンディスとカルセインのことでしょうね)アリスティアが心を動かされてしまわないかと不安になっているようです。

今せっかく一緒になれたのに、アリスティアを奪われるようで寂しいから、僕に集中してくれないかといいます。アリスティアはその内容にドン引きしますが、どうにかこうにかその場をやり過ごします。

はい、ルブリスが可愛すぎます(定期)

というか、やっぱりアリスティアがアレンディスやカルセインと親しげにしているのを見て、ルブリスはやっぱり嫉妬しまくっていたんですね。こうしてみるとキュンキュンします。

お姫様抱っこされるアリスティア

会議が終わり、仕事に戻る二人。アリスティアはさっきのあれは何だと怒ろうとしますが、ルブリスがアリスティアを壁に追い込み(いわゆる壁ドンってやつですかね)、さっきの続きをしていいかとささやきます。

うああああああああああああああああああああああああああああ

もうどんだけかわいいんだよ。これ以上はやめてくれよおおおお

すっかりルブリスにペースを持ってかれたアリスティアは、せめて寝室でと仕方なく言いますが、そこでルブリスはアリスティアをお姫様抱っこして寝室に連れて行こうとします。

アリスティアは降ろしてほしいといいますが、ルブリスは今降ろしたらその場で抱いてしまうよといい、お姫様抱っこされたままアリスティアは寝室へ連れていかれます。

エイドリアンは、いくら新婚でお盛んな時期とはいっても少しは押さえてほしいというようなことを日記に記しています。

スポンサーリンク

アリスティア不在で不眠症になるルブリス

アリスティアは父のケイルアンとともに領地を訪問しています。ということは、やっぱりアリスティアは父の後を継ぎ、騎士になっていたのでしょうね。アリスティアが出発してから一か月、ルブリスは寂しさのあまり不眠に悩まされていました。

仕事がはかどらないルブリス

アリスティアが不在の間、寂しさのあまり不眠症になって居たルブリスは仕事がはかどらず、アリスティアのことを想い、気を紛らわせていました。この時点では、もう結婚して数年がたっているようですが、マンネリしていないようで安心です。安定のアリスティア好き好きルブリスです。

ルブリスはアリスティアのすべてが好きでしたが、自分の懐ですやすや寝ているアリスティアが一番好きなんだそう。こちらからすると、なんだそれ?という感じですが、かつてルブリスのことを恐れていたアリスティアが、今は安心して自分にすべてをゆだねているんだと思うと心が満たされるのでしょうね。

好きなだけアリスティアを想ったルブリスは、アリスティアが帰ってきたら三日間はベッドから話さないと誓います。なんだそら。

娘の遊び相手にも嫉妬するルブリス

次の日、ルブリスは娘のディアナに起こされます。どうやら、カルセインの息子と遊びたいようで許可をもらいにきたみたいです。

ルブリスは、アリスティアだけではなく自分の娘まで離れていってしまうと思い、不満げでしたが娘の顔を見ると断れませんでした。

かわいい!!!親ばかすぎる。気持ちはわからんでもないが。アリスティアのパパもそんな感じだったし。

本当に三日間寝室で過ごした二人

アリスティアが首都に戻ってきたという知らせを聞きつけたと思えば、ルブリスはアリスティアのもとに走っていきます。きつく抱きしめ、もうおいていかないでというふうに言います。

アリスティアは、ルブリスの様子を見て本当に悪かったと思い、謝罪します。

ルブリスがまるで年下彼氏みたいな甘え方でかわいいですね。

そして、ルブリスはそのアリスティアの気持ちを利用し、誓いの通りベッドへ連れていきます。

エイドリアンは、どのようにして三日間ベッドで過ごしたのか、恥ずかしいという風に日記に書き記し、ただこのおかげで姉のエレナが生まれてきたので感謝すべきかもしれないと追記します。

?!!!!

エイドリアンってこの時点ではまだ誕生していなかったのね。

娘が二人と息子が一人。今わかる範囲だと、アリスティアとルブリスの間には、少なくとも3人の子供がいるということですね。

スポンサーリンク

これはほんの一部

実はこのエイドリアンの日記。今回紹介したのはほんの一部なんだそうです。

現在は韓国語版のみ公開されていますが、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。私は日本語版の漫画が出るまで待ちます!

【ネタバレまとめ】1話ごとのネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメント