捨てられた皇妃47話ネタバレと感想!アリスティア新しい境地へ

少女漫画

YouTubeで動画鑑賞していたらとある漫画の広告が流れ、気になってしまい漫画アプリで読み始めたところ、ドはまりしてしまいました。それが「捨てられた皇妃」です。

この記事では、「捨てられた皇妃」の47話の感想やネタバレ、今後の展開予想などを書いていきます。まだこの漫画を読み始めていない、または読んでいる途中だという方はネタバレの前でUターンしてくださいね。

※英語版を読んで感想を書きますので、一部解釈が異なる場合もあるかもしれません。ご了承ください。

【関連記事】ネタバレを見ずにあらすじや感想を読みたい方はこちら。

捨てられた皇妃のあらすじは?

あそこは私がいるべき場所だったのに・・・

神に選ばれし子が皇后になるという風習のあるカスティーナ帝国。神のお告げによって生まれたアリスティアは幼いころから次期皇后としての教育を受けていました。そして今の皇太子が皇帝になるときには当然皇后になるものと思われていました。

そんな中、王宮の泉に神秘的な少女が現れました。

西洋がモデルかと思われるこの世界では珍しく、黒髪で黒い瞳を持った一風変わった見た目の女の子です。名前は「美優」、間違えなく日本人ですね(笑)

「神に選ばれし子は美優だった」と最終判断が下され、美優が皇后そしてアリスティアは皇帝の後妻「皇妃」となってしまいます。

皇帝を愛し愛されることにあこがれていたアリスティアは、自分の座を奪っておきながら皇后になったことに対して不満たらたらな美優に対し憤りを感じながら生活していました。

ある日、美優は皇帝ルブリスとの子を身籠ります。しかしまもなくして、街に出かけた美優が襲われたというのです。襲撃され美優は子供を流産してしまいます。当然許されるべきではない行為、それを犯したのがアリスティアの父だというのです。皇帝はアリスティアに、父を助けてほしければ私の靴をなめなさいと言います。アリスティアは唯一の血縁である父を助けようと皇帝の言う通りにしますが、皇帝は冷たい声でこう言います。「そなたの父親は今朝処刑した」と。

あふれんばかりの怒りからアリスティアは皇帝を、自身の髪飾りで刺してしまいます。皇帝は一命をとりとめましたがアリスティアは反逆罪として斬首刑に処されます。

アリスティアは公開処刑の中、皇帝の顔をみてこう誓います。

二度とあなたを愛したりはしないと。

・・・

目が覚めるとアリスティアはベッドの上にいました。

なんとも見覚えのある部屋、小さな手。

なんとアリスティアは9歳の自分に転生していたのです。

アリスティアは二度と同じ運命を繰り返すまいと誓います。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃はどこで読めるの?

「捨てられた皇妃」の原作は韓国の小説です。日本語版は漫画アプリのピッコマで読めます。現在はピッコマの独占配信となっています。2話までは無料で、そのあとの話は1日1話までは無料で読むことができます。私は続きが待てず一気読みしてしまいました(笑)

単行本が2巻まで発行されていますので、そちらで読むのもおすすめです。

毎週土曜日に1話ずつ更新されています。

created by Rinker
¥972 (2019/05/20 21:49:21時点 楽天市場調べ-詳細)

捨てられた皇妃47話のネタバレ

皇太子・ルブリスの成人パーティが終わり、周りで起こった様々なことに疲れてしまったアリスティアを見かねて父は、少し離れたモニーク一族の領地にいこうと提案します。

死ぬまで首都を離れたことがなく、それを心のどこかで窮屈に感じていたアリスティアは、この窮屈さから抜け出せるのであればと、父と領地に行くことを決めます。

荷物の準備をして、アリスティアは父とともに領地へ赴きます。

アリスティアは、子供に戻ってからの3年間でどのくらい運命から抜け出すことができたのだろうかと考えますが、いまはただ疲れた心を癒したいと、複雑な感情もすべて忘れて。

ここまでが46話のあらすじです。47話から新しい土地へ出向きます。全くの新展開にワクワクしています。

宮廷ではルース宰相とラス公爵が話をしていました。話のタネはケイルアン(アリスティアの父)が休みをとり、娘を連れて一族の領地へ行ったらしいとのことです。休みを取ってからすでに数日たっていたため、もう着くころだと。

ルース宰相は、皇帝がなんの疑問なしにその申し出を許したことを不思議に思います。ラス公爵は、おかげで自分は休みが取れないと嘆きます。騎士団長は変わりばんこに休みを取らないといけないようです。

ルース宰相は、ルブリス皇太子の成人パーティでモニーク一家が婚約を破棄すると話していた様子を思い返し、話をします。もうすでに多くの人が知っていることだろうと二人は話します。

ややこしいことになったと二人は呟きます。

一方アリスティアと父は、領地に近づいていました。馬車に揺られながらアリスティアが外をのぞくと、趣のある街並みが広がっていました。

領地に到着すると執事やメイドが一行を出迎えてくれました。執事のベンはアリスティアの父とこれまであったことを話します。そして二人の元気な姿を見れて安心したといいます。

アリスティアは、これまで町の外にこんなに静かな場所があるなんて知らなかったといわんばかりに景色を眺めては感激していました。帝国の景色は大違いだと。

そんな中でも、アリスティアの脳内には様々なことが浮かびます。一度目の人生を繰り返さないために転生してから運命から逃げてきたこと、今もすべてを放り出して逃げてきたこと。本当はこのように逃げてくるべきではなかったのではないか、と。しかしながら自分自身には選択肢がないことも。

いろいろ考えているとベンがやってきて、景色はどうかと尋ねてきます。

アリスティアは、領地にこんなに素晴らしいお城があるなんて知らなかったと答えます。

ベンは、ほかの郊外に比べるとここは静かで平和なので、あなたはすぐに気に入るでしょうといいます。そして、アリスティアへ大きくなりましたね。と一言いいます。昔はベンの膝丈ほどの慎重だったのに、と涙を流します。

アリスティアは焦って、それは数年前のことでしょとこたえます。

ベンは、アリスティアの瞳には年齢のわりにいろいろなものが写っているように感じます。そこでどんな困難にぶち当たってきたのだろうと心を配ります。

アリスティアはただ単に長旅をしてきたからだとフォローします。それにパパも休息が必要だと。ベンはアリスティアが自身の父のことをパパと呼んでいるのに驚きます。

ベンは、アリスティアと彼女の父が親しいということが知れてうれしいといい、お食事の用意をさせてくるので休んでいてくださいとアリスティアに伝えます。

一人になったアリスティアは、ベンの言葉を思い返し自分は成長したのかと自信に問いかけます。

そして思い出されたのは過去にアレンディスと交わした会話でした。

「まだまだ先は長いね。早く大きくなってくれるといいな、マイレディー。」

アリスティアは心の中でアレンディスへ語り掛けます。

アレンディス、あなたは知っている?

どれほど私が、アレンディスが信じてくれるか尋ねてきたときのことを考慮してきたのかを。そしてアレンディスが疑惑いっぱいの顔を向けたとき、どんなに心を痛めたのかを。

私を慕ってくれている人にもう一度捨てられるのならそれは・・・

そこでリナが声をかけてきます。

お花で満たされたワゴン車を指さしてアリスティアを誘います。それを見てアリスティアは、すぐ行くと返事をします。

アリスティアは心の中でこう思います。

もう考えるのはよそう。私を喜ばせてくれるものだけを見ていこう。そしてここで心配なく休息をとっていくんだ、そのためにここにいるんだから。たとえ誰かが私が逃げていることに対して不平をいったとしても。

場面は変わりアレンディスがベッドに横たわっています。アリスティアと喧嘩をした日からずっと気力が起きていないようです。

彼は「ティア」と一言だけ呟きます。

スポンサーリンク

捨てられた皇妃47話を読んだ感想

さて、新シリーズの始まりですね。こんな展開、予想していなかったのでこれからどんなことがアリスティアを待ち構えているのか楽しみです。

今回はモニーク一族の領地の人々が出迎えてくれました。どうやらアリスティアも過去にここを訪れたことがあるようです。とってもきれいな場所ですね。アリスティアにはすべて忘れてしばらくやすんでもらいたいものです。早く元気になってね。

アリスティアは、父が皇帝に直接婚約破棄を申し出たことに混乱しているようですね。父の狙いはなんなのか。これからどうなるのか。

そしてアレンディスとのこと。アレンディスに「捨てられた」ことが一番きつかったようですね。実際に捨てられたわけではありませんが、自分が慕っていた相手が自分を信じてくれなかったのですから、裏切られたようなものですよね。

皆さん、アレンディスの裏の顔を見てからは何か目的があってアリスティアに近づいていると思っているかもしれませんが、ここ数話で確信が持てました。

彼はアリスティアのことが好きなだけです。最初は別の目的があったのかもしれませんが、今はもう好きすぎて辛いんでしょうね。そうでなきゃあんなに落ち込まないですよ、普通は。選択肢を間違えてしまったアレンディスにもう一度チャンスを与えてやりたいです(笑)

捨てられた皇妃のネタバレ一覧

次回の更新をお待ちください。

漫画をお得に読む方法!

「捨てられた皇妃」はピッコマ独占配信となっているので、動画配信サービスなどでお得に見ることはできませんが、あなたが読みたい人気漫画がお得に読めるかもしれません。以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

コメント