捨てられた皇妃44話ネタバレと感想!皇太子との関係に変化は?

少女漫画
スポンサーリンク
YouTubeの広告で流れていてあの漫画は何だと目を止める方も多いと思いますが、私も広告を身的になり「捨てられた皇妃」を読み始めました。もうドはまりです(笑) この記事では、「捨てられた皇妃」の44話の感想やネタバレ、今後の展開予想などを書いていきます。まだこの漫画を読み始めていない、または読んでいる途中だという方はネタバレの前でUターンしてくださいね。 【関連記事】ネタバレを見ずにあらすじや感想を読みたい方はこちら。 捨てられた皇妃を読んでみた感想と登場人物の紹介! 【参考記事】漫画がお得に読めるサービスはこちら どれを選ぶ?漫画をお得に読める動画配信サービス8選とは!

捨てられた皇妃のあらすじは?

あそこは私がいるべき場所だったのに・・・ 神に選ばれし子が皇后になるという風習のあるカスティーナ帝国。神のお告げによって生まれたアリスティアは幼いころから次期皇后としての教育を受けていました。そして今の皇太子が皇帝になるときには当然皇后になるものと思われていました。 そんな中、王宮の泉に神秘的な少女が現れました。 西洋がモデルかと思われるこの世界では珍しく、黒髪で黒い瞳を持った一風変わった見た目の女の子です。名前は「美優」、間違えなく日本人ですね(笑) 「神に選ばれし子は美優だった」と最終判断が下され、美優が皇后そしてアリスティアは皇帝の後妻「皇妃」となってしまいます。 皇帝を愛し愛されることにあこがれていたアリスティアは、自分の座を奪っておきながら皇后になったことに対して不満たらたらな美優に対し憤りを感じながら生活していました。 ある日、美優は皇帝ルブリスとの子を身籠ります。しかしまもなくして、街に出かけた美優が襲われたというのです。襲撃され美優は子供を流産してしまいます。当然許されるべきではない行為、それを犯したのがアリスティアの父だというのです。皇帝はアリスティアに、父を助けてほしければ私の靴をなめなさいと言います。アリスティアは唯一の血縁である父を助けようと皇帝の言う通りにしますが、皇帝は冷たい声でこう言います。「そなたの父親は今朝処刑した」と。 あふれんばかりの怒りからアリスティアは皇帝を、自身の髪飾りで刺してしまいます。皇帝は一命をとりとめましたがアリスティアは反逆罪として斬首刑に処されます。 アリスティアは公開処刑の中、皇帝の顔をみてこう誓います。 二度とあなたを愛したりはしないと。 ・・・ 目が覚めるとアリスティアはベッドの上にいました。 なんとも見覚えのある部屋、小さな手。 なんとアリスティアは9歳の自分に転生していたのです。 アリスティアは二度と同じ運命を繰り返すまいと誓います。
スポンサーリンク

捨てられた皇妃はどこで読めるの?

「捨てられた皇妃」の原作は韓国の小説です。日本語版は漫画アプリのピッコマで読めます。現在はピッコマの独占配信となっています。2話までは無料で、そのあとの話は1日1話までは無料で読むことができます。私は続きが待てず一気読みしてしまいました(笑) 単行本が2巻まで発行されていますので、そちらで読むのもおすすめです。 毎週土曜日に1話ずつ更新されています。
created by Rinker
¥972 (2019/09/23 04:10:46時点 楽天市場調べ-詳細)

捨てられた皇妃44話のネタバレ

皇太子・ルブリスの成人式に参加し、ルブリスからダンスのお誘いを受けるところで43話は終了していました。それまでに会場でアレンディスと口論になり、ルブリスやカルセインにもその様子を目撃されています。ルブリスは、アレンディスの前では多様な表情を見せるアリスティアを見て、嫉妬ににたような感情を抱きます。アリスティアとアレンディスが何を話しているのか描写はありませんでしたが、アリスティアとアレンディスの関係はここから変化していくことでしょう。 さて、ここからが44話のネタバレになります。アリスティアは転生する前に皇太子にダンスの誘いを受け、ダンスを踊っているときのことを思い出します。当時は会場でどうしようもなくさまよっていたところ、ルブリスに声を掛けられ、ルブリスに恋をしたと。 アリスティアは社交界デビューはしていないながらも華麗なダンスを披露し、人々は驚きのまなざしで二人のダンスを見つめます。 アリスティアがダンスに慣れているのを不思議に思ったルブリスは、アリスティアに尋ねます。「初めて踊るはずなのになぜステップが軽快なのか。」と。 アリスティアは転生前に幾度となくダンスを踊っているためダンスに慣れていますが、そんなことは言えないので、「練習したのです。」と答えます。 するとルブリスは「これまでに何度も踊ってきた相手がいるのか」と尋ねます。 アリスティアは否定しますが、ルブリスはさらに続けて「ベリータ公爵の次男がその相手ではないのか」といいます。 アリスティアがアレンディスの方を見て口ごもったのを見たルブリスは一言「気に入らない」と発し、ダンスは終了します。 アリスティアは、いつ皇帝に自分が家を継ぐつもりだと伝えようかとそわそわしていると、ルブリスは「なぜ自分を恐れるのか」と尋ねます。 アリスティアははぐらかしますが、ルブリスは幼少期のことを思い出したのかと問います。身に覚えのないアリスティアがきょとんとしているのを見て、違うと悟ったルブリスはある提案をします。 それはアリスティアを次期皇妃に迎えようというものでした。さらに正妃の称号も与えると。それを聞いてアリスティアは転生前と同じ運命をたどっていることに気づきこわばります。 その表情を見たルブリスは「うれしくないのか」と驚きます。正妃の称号を与えられたとしても美優がやってくるのには変わりないし、ここで断るとルブリスの申し出を真っ向から拒むことになってしまうため、もうなすすべはないとアリスティアが絶望しかけたその時・・・ 会場がどよめき、誰かが到着したようでした。 そこに立っていたのは?!

「捨てられた皇妃44話」の感想と今後の予想

個人的にはアリスティアはアレンディスと結ばれて幸せになってほしかったので、二人が喧嘩をしてしまったときには少し悲しかったですが、なんとなくルブリスの心境も転生前に比べると変わってきているように感じます。特に今回は、アレンディスに嫉妬している? そしてこれまでも何度も伏線として登場する「アリスティア幼少期の話」ですが、いったいルブリスと過去に何があったのでしょうか。お父さんとルブリスがともに「アリスティアがルブリスを恐れる理由」として心当たりのある話のようです。ここでルブリスに対するトラウマが生まれたのでしょうか。 ルブリスに次期皇妃にしてやるといわれたときには「断れ、断れ!」と思っていましたが、それを真っ向から否定しないアリスティアの健気さに胸が締め付けられる思いでした。一応ルブリスの顔を立てようと提案を否定しないようにしたのでしょうか。 騎士として活躍するアリスティアちゃんを見たいから頑張ってくれ! さて、終盤で現れた人物ですが、ほぼ間違いなくお父さんでしょう。マントの模様とアリスティアの表情からしてもお父さん以外考えられないです。 お父さんは元気にしていたのでしょうか。次回の更新が楽しみですね。 捨てられた皇妃の全登場人物一覧!誰が誰だか覚えられない人必見!【ネタバレ注意】
created by Rinker
¥972 (2019/09/23 04:10:46時点 楽天市場調べ-詳細)

「捨てられた皇妃」ネタバレ一覧

続きが気になる方はこちらから。 捨てられた皇妃45話の感想とネタバレ!お父さんは帰ってくるのか?! 捨てられた皇妃46話の感想とネタバレ!アリスティアの前に現れたのはまさかの? 捨てられた皇妃47話ネタバレと感想!アリスティア新しい境地へ 捨てられた皇妃48話ネタバレと感想!焦って集中できないカルセインがかわいい
スポンサーリンク

漫画をお得に読む方法!

「捨てられた皇妃」はピッコマ独占配信となっているので、動画配信サービスなどでお得に見ることはできませんが、あなたが読みたい人気漫画がお得に読めるかもしれません。以下の記事をご覧ください。
スポンサーリンク

コメント