ある日、私は冷血公爵の娘になった4話ネタバレ・考察!ひたすらかわいい

少女漫画
スポンサーリンク

漫画アプリ「ピッコマ」で見つけた漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」ですが、ひたすら主人公が可愛くて悶えています。

今までまともな生活ができず、名前も与えられていなかった少女がいきなり令状になってしまうドキドキのストーリーです。

【人気記事】ピッコマの「捨てられた皇妃」も面白いですよ

この記事では、「ある日、私は冷血公爵の娘になった」4話のネタバレと感想を書いていきます。

スポンサーリンク

ある日、私は冷血公爵の娘になった のあらすじ

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。

自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで・・・

かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

ピッコマより
スポンサーリンク

ある日、私は冷血公爵の娘になった 4話ネタバレ・感想

エステルは屋敷の中を探検して男の子と出会います。初めてお友達ができたことにときめくエステルが可愛すぎます。

カルルはやっぱり公爵の息子だった

アニーに公爵の息子の名前を聞くエステル。すると思った通りカルルは公爵の息子でした。エステルはカルルに出会ったことを夢だったらどうしようと思っていたみたいですよ。かわいすぎか!

公爵もイケメンでしたけど、エステルの実母と一夜を共にしたのかと思うとすこしだらしない気がします。息子さんはどう思うのでしょうか。

カルルにお姫様抱っこされちゃうエルテル

庭を探検していると迷ってしまったエステル。慣れない靴を履いていたせいで靴擦れしちゃって困ってしまいました。すると自室からその様子を見ていたカルルが迎えに来てくれます。

靴擦れしていると気づいたカルルはエステルをお姫様抱っこで屋敷まで連れて帰ります。これは少女漫画展開ですね。カルルの立ち位置がまだつかめていませんが、恋人候補ということでいいのでしょうか?それとも兄妹みたいな感じなの?

本当のこの家の娘なのかと心配するエステル

カルルからこの家の人間は赤い目と黒髪を持っていると明かされ、エステルは自分が本当にこの家の子なのかと心配になります。せっかく手に入れたつかの間の幸せを、血がつながっていないからと追い出されてしまったらまた悲しい思いをすると思ったんでしょうね。

その想いをアニーに話すと、アニーは優しくエステルを抱きしめます。

かわいいエステル。ずっとこの家で幸せに暮らしてほしいですね。とはいってもまだ公爵と再会していないので立場がどうなるかわかりませんが。

漫画をお得に読む方法!

「悪女の定義」はピッコマ独占配信となっているので、動画配信サービスなどでお得に見ることはできませんが、あなたが読みたい人気漫画がお得に読めるかもしれません。以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

コメント