どれを選ぶ?漫画をお得に読める動画配信サービス8選とは!

漫画
スポンサーリンク

最近は、気になる映画やアニメがすぐに観られると、動画配信サービスが評判です。

近年、TVのCMでもおなじみのHuluやNetflixなどが有名です。

テレビや映画、ドラマ、アニメなどを定額で見放題のサービスとして、今注目され、人気を集めています。

しかし、「動画配信サービス」は、種類も多く、どれを選んでいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

特に、漫画をお得に読めるのは、漫画読み放題サービスです。

そこで、この記事では、漫画読み放題で話題の「動画配信サービス」を8社選んで比較して、ご紹介します。

まずは、「漫画読み放題サービス」とは、どのようなものか、説明します。

スポンサーリンク

漫画読み放題サービスとは?

漫画読み放題サービスとは、月額料金を支払うことで、インターネットやスマホで漫画が読み放題になる配信するサービスのことです。

サービスによって、読める漫画の数や種類が異なります。

漫画読み放題サービスですが、メリット・デメリットがありますので、いくつかご紹介します。

漫画読み放題サービスのメリット・デメリット

●メリット

・捨てんで購入する必要がない

・置き場や捨てる際の手間がない

・過去の売っていない作品も読める

●デメリット

・人気の漫画はないこともある

・最新の漫画は読めないこともある

料金や配信作品数、アニメ作品数、無料お試し期間も異なるので、代表的なサービス8社を比較して見ていきましょう。

代表的な漫画読み放題サービス8社の比較表

サービス名 料金 (月額・税別) 作品数 アニメ作品数 無料期間 ダウンロード 機 能
dアニメストア 400円  2,700 以上 2,400   31日   〇  
ブックパス 500円 400,000 以上 20,000   30日   〇  
FODプレミアム 888円 40,000以上 100 以上   1か月   -  
スキマ 480円 10,000以上 28,000 なし   〇  
U-NEXT 1,990円 140,000 以上 1,224   31日   〇  
コミックシーモア   1,480円/ 780円 49,901以上 40,000   7日   〇  
バンダイチャンネル 1,080円 3,700以上 1,034   1か月  
アニメ放題 400円 1,600 以上 1,600   1か月   〇  

では、サービス別にご説明します。

●dアニメストア

Dアニメストアは、docomoが運営しているアニメ専門の動画配信サービスです。

月額432円で2,400作品以上のアニメを見放題できます。

Docomoユーザー以外でも利用が可能です。

アニメファンが楽しめる定額の動画配信サービスの中では、最もおすすめできるサービスです。

作品数は、2,700以上にも上り、懐かしの作品だけでなく、最新の作品もテレビ放送から数週間遅れるものの、きっちりそろえられていますので、最新の作品

まで楽しめることができます。

サイトもシンプルで使いやすく、さまざまな特集や人気投票もあり、アニソンPVの再生もでき、アニメを隅々まで楽しめるサービスも充実しています。

31日間無料!【dアニメストア】

●ブックパス

ブックパスは、auが提供する電子ストアです。

400,000冊以上のラインナップから、好きな漫画を購入することができます。

もちろん、漫画だけでなく、雑誌や小説など多彩なジャンルの作品も揃っています。

スマホで利用する場合は、auスマホを持っていることが条件。

しかし、パソコンやタブレットからも閲覧できるので、必ずしもauユーザーでないというわけではありません。

新刊も読めるようになっているので、漫画好きにおすすめのサービスです。

お得な読む砲台プランを利用すると、月額562円(税抜き)で対象電子書籍が読み放題になります。

他にも無料で読める漫画や、半額以下で読める漫画なども揃っています。

●FODプレミアム

FODプレミアムは、月額コースに登録すると電子辞書の漫画が読めるようになります。

月額888円(税抜き)で漫画だけでなく、雑誌や動画も見放題になるので、かなりお得なサービスです。

「漫画と動画どちらも楽しみたい」という方におすすめです。

 

Amazonアカウント初回1か月無料キャンペーンに登録すると、1か月感は無料で利用できます。

無料で読める作品も充実しているので、無料お試し期間中にいろいろ読んでみて、お気に入りの漫画を探してみるのもいいですね。


●Netflix

Netflixは、世界最大の動画配信サービスです。

2015年9月に国内でも提供し、1億人を超えるユーザー数を誇っています。

●ビデオパス

ビデオパスは、KDDIが運営するauユーザー向けの動画配信サービスです。

月額562円(税別)で話題のドラマ、アニメなど10,000本の作品を楽しめることができます。

見放題会員になると、毎月ビデオコイン(540円相当)がもらえます。

なお、auユーザー以外でもWow!IDを発行すれば、無料お試しはもちろん、入会も可能です。

映画館の鑑賞料金が割引になったり、試写会プレゼントがあったりとビデオパス限定の豪華な特典もあります。

また、料金の支払いに「auかんたん決済」を使うと、携帯電話の支払いでもらえるau WALLETポイントが付与されることも魅力的です。

●U-NEXT

U-NEXTは、アニメの作品数も豊富に取り揃えており、その他にも電子辞書

「BookPlace for U-NEXT」も利用できます。

月額1,900円の「ビデオ見放題サービス」に加入すると、80,000以上の映像見放題、週刊誌、ビジネス誌、ファッション誌などの約70誌の人気の雑誌も読み放題ができます。

作品数も140,000本以上のU-NEXTは、映画やドラマ、アニメ、音楽といったジャンルはもちろん、NHKドラマ、ドキュメンタリーの過去放送分が視聴でき、幅広いサービスが特徴です。

U-NEXTの月額料金は1,990円ですが、動画や漫画の購入に使えるポイントが毎月1,200ポイントもらえるため、実質は790円です。

ポイントを使えば、好きな漫画の最新巻や最新の動画作品を1,200円分購入できます。

映画、雑誌、アニメと幅広く楽しみたい人におすすめです。



●コミックシーモア

コミックシーモアは、40,000冊以上の漫画が読み放題になっています。

読み放題フル、ライトの2つのコースから好きな方を選べます。

読み放題フルが1,480円(税込み)、読み放題ライトが780円(税込み)

どちらのコースも、7日間無料で楽しめます。

無料期間中に、好きなジャンルの漫画があるかどうか試し読みしてもOKです。

●バンダイチャンネル

バンダイチャンネルは、バンダイナムコグループの1社であるバンダイナムコマーケティングが運営する動画配信サービスです。

月額1,080円で対象のアニメ動画が見放題できます。

コミック原作、ゲーム作品、ライトノベル作品のアニメをはじめ、特撮、実写、声優などの動画のアップも豊富に取り揃えています。

アニメ専門の動画配信サービスとしては、dアニメと人気を2分しています。

どの作品が人気なのかは、ランキングで一目瞭然で、「クチコミ★ファンの声」も活発に投稿されているので、参考になるでしょう。

料金がdアニメストアに比べて高く、コスパは及ばないですが、ラインアップの豊富さは魅力的です。

また、dアニメストアにない作品も見られます。

他にもライブ配信やプレゼントキャンペーンという楽しい企画も多数あります。

作品数は、3,700以上、見放題の対象となっているものも1,300作品と数も多いです。

ただし、見放題の対象でない作品は、別料金がかかりますので、事前に調べておくといいでしょう。

●アニメ放題

アニメ放題は、Softbankが運営しているアニメ専門の動画配信サービスです。

月額400円(税別)で対象のアニメ動画が見放題できます。

2017年にキャリアフリー化し、Softbankユーザー以外でも利用が可能です。

今後の伸びに期待できるサービスです。

作品数は、1,600以上と、dアニメストアやバンダイチャンネルより少ないですが、健闘しています。

機能的には必要最小限という感じではありますが、シンプルに使え、料金的にはdアニメストアと同額となっており、安くてお得です。

また、現在、放映中のものから、過去の名作アニメを取り揃えており、それぞれのアニメタイトルのオープニング・エンディング主題歌も聴くことができる「アニソン視聴機能」を提供しています。

アニメ向け見放題サービスを選ぶポイントは?

アニメの見放題サービスを選び際には、ポイントがあります。

そのポイントは、以下の3つになります。

・料金はいくらか

・配信作品の本数

・観たいアニメが配信されているか

注意したいのが、全作品の配信数ではなく、アニメの配信数です。

アニメ好きに人は、必ずチェックしてください。

どちらの見放題サービスも配信ラインアップをPRしていますが、アニメの配信数は少ないところもありますし、観たいアニメが配信されていないというケースもあります。

「料金が安い」「配信数が多い」という理由で選びと、結局観たいアニメがなくて解約してしまうということにもないかねませんので、見放題サービスを選ぶ際には、公式サイトでどんなアニメ作品が配信されているかチェックしておきましょう。

まとめ

ここまで、漫画読み放題サービスとは、漫画読み放題サービスのメリット・デメリット、代表的な漫画読み放題サービス8社の比較表、ご紹介、解説してきました。

自分に合った、適切なサービスを選んでみてはいかがでしょうか。、

スポンサーリンク

コメント