アイリス~スマホを持った貴族令嬢5話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

アイリス~スマホを持った貴族令嬢話ネタバレ

アイリスがよった生地屋の「本当の客」は、この店を情報屋と呼び、身分問わず代金が支
払われるならだれでも利用することができる。
中でも、極秘情報を聞き出すためには、秘密の合言葉を言う必要がある。さらにその極秘
情報の金額は5千キャスラ(平民の月収が100キャスラ)からとなっていてかなり高額で、付
き添いのメイドは、アイリスにミサーラ子爵や家臣たちの金遣いが荒く困っているのに、
あまりにも高額すぎるのでは?といいます。
しかし、アイリスは四人衆との繋がりとしては安いと考えていました。
アイリスは、情報屋に四人衆の行方に関する情報は、高額な情報だから知らないふりをし
ていたのでは?と聞きます。
情報屋は、買いかぶりすぎだといいますが、アイリスは、にこりと笑いながら、ボスの行
方を知らないなんて普通はありえないといいます。
情報屋は、どこまで把握しているのかと考えます。アイリスは、さらに畳みかけますが、
一人の金髪の男性がそれに割って入ります。アイリスは、誰だろうと考えます。
金髪の男性はどこで知ったのかアイリスに質問します。
アイリスは、暗号は複数あり、客の財力や権力によって違うのだと指摘し、私が誰である
のか知っているでしょうと言い、はぐらかします。
情報屋のひとりは、アイリスの正体を知っていて、だからこそなぜこんなところに来たの
か知りたいと考えていました。
情報屋は偽情報の可能性もあると言いますが、アイリスはそれをハッタリと考え、情報屋
にとっては、信頼こそ命だ、ここは一流の情報屋だと言い信用できると断言し、依頼をし
ました。
情報屋はやはりアイリスが四人衆を探る理由を知りたいといいますが、アイリスは復讐の
ためだとは言えません。そこで、ヴァレンシアガ公爵に一目ぼれをしたのだと説明します

情報屋は、沈黙しますが突然笑い出します。
アイリスは変なことをいったのかと心配しますが情報屋は、公爵に一目ぼれをしたので彼
や周辺人物を探りたいと聞き返し、依頼を快諾します。さらにアイリスはミスターダニー
についてもと付け加えますが、情報屋は渋い顔をします。
アイリスは、金髪の男性にもしやミスターダニーではと聞きます。
しかし、金髪の男性は、後日連絡すると言います。
アイリスが帰った後、情報屋は金髪の男性が俺のふりをしたのは何のつもりだと聞きます

この金髪の男性こそが、ヴァレンシアガ公爵だったのです。
ヴァレンシアガ公爵は情報屋の秘密が漏れていることを指摘しますが、情報屋は真の正体
はまだばれていないと言いますが、ヴァレンシアガ公爵はダニーにくぎを刺します。
その情報屋こそミスターダニーだったのです。
ダニーは、ヴァレンシアガ公爵に謝罪しどこまで情報が漏れているかを調査すると言いま
す。
ヴァレンシアガ公爵は、アイリスにむやみに情報を渡すのは控え、今はダニーのふりをし
よう考えます。
ダニーは、ヴァレンシアガ公爵に助けられたことを知らないのでは?と聞きます。
ダニーは内々に医者を探すのも苦労したらしく「あいつ」に埋め合わせをさせようと言い
ますが、ヴァレンシアガ公爵は借りがあったのは俺の方といいます。
ヴァレンシアガ公爵は、少し思い出し笑いをし一人でクスクス笑いますが、ダニーは腹の中を理解できずに困惑します。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢ネタバレまとめ

アイリス~スマホを持った貴族令嬢1話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢2話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢3話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢4話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢6話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢7話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

コメント