アイリス~スマホを持った貴族令嬢4話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

アイリス~スマホを持った貴族令嬢4話ネタバレ

アイリスは、ハワードの父がアイリスを結婚させたがっており、ソリアではないネラは彼
に何の役にも立たないと考えます。さらにハワードはアイリスに対し好意を持っているた
めネラの誘惑には落ちないと考えます。そしてネラが油断させるためです。
メイドは、アイリスの冷たい表情をみて、アイリスのことを心配します。
メイドはミサーラ夫人にいじめられたのかと聞きますが、逆に、いじめられていると思う
のかと問い返します。メイドは、そうじゃないと話を濁しますが、アイリスは私もそう思
うといいますが、メイドに口を慎むように言います。
 アイリスは、ソフィは?とメイドに聞きますが、指示の件が済んでないことを聞くとア
イリスは馬車を出して直接行くと言います。
馬車の中で、アイリスは叔父の家族、夫の家族、彼らを手助けした義理の叔母リザ皇妃、
彼らを裁かなければならないと考えます。しかし、いずれも権力を握る人ばかりで到底全
員には太刀打ちできないと考え、それならば、それだけの力を持つものと手を取り合おう
とも考えます。
アイリスはある古い建物の前で馬車から降ります。
メイドのソフィはここが情報屋だといいます。
ネラとハワードを裁くためには、彼らの力が必要と考えます。
大陸初の銀行頭取になる金融業者ダニー、天才魔導士テリア・オパール、首相候補と言わ
れる四人衆の参謀リュウ、彼らのリーダー帝国唯一の公爵であり、先帝の一人息子イアン
・ヴァレンシアガ・ローヘンハイム
彼らはローレンハイムの四人衆と呼ばれ、10年後ローレンハイムの中心人物になる。
アイリスは四人の居場所は聞き出せたのかとソフィに聞きますが、はぐらかされたと答え
ます。それもそのはず、この情報屋は四人衆の一人ダニーが営む店だったのです。
ソフィは四人衆のことを口にした途端、空気が変わったことを伝え、危険なのではと進言
します。ソフィの言う通り危険かもしれないと思いますが、自らその店に乗り込みます。
店の者がアイリスに生地を探しているのかと聞きますが、アイリスは秘密の合言葉を言い
ます。生地屋の空気が一気に変わり生地屋から情報屋に変わります
どんな情報を求めているのかと情報屋はアイリスに言います。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢ネタバレまとめ

アイリス~スマホを持った貴族令嬢1話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢2話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢3話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢5話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢6話ネタバレ・感想!

アイリス~スマホを持った貴族令嬢7話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

コメント