ある日私は冷血公爵の娘になった50話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のあらすじ

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。

自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで・・・

かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」50話ネタバレ・感想

※英語版を読んでいるので、一部解釈の違いがあるかもしれません。
夜、エステルのベッドの横に座る公爵。公爵はエスエルがずっとそのままでも構わないと話し、

ネタバレ・感想まとめ

ある日私は冷血公爵の娘になった45話ネタバレ・感想!
ある日私は冷血公爵の娘になった46話ネタバレ・感想!
ある日私は冷血公爵の娘になった47話ネタバレ・感想!
ある日私は冷血公爵の娘になった48話ネタバレ・感想!
ある日私は冷血公爵の娘になった49話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

コメント