悪女の定義56話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

 

最近はやりの転生ものの漫画「悪女の定義」。普通の女子大学生が事故で亡くなったと思ったら別世界の女性に転生。しかし、その女性は悪名高い令嬢でした。皇后候補と言われてはいますが、その性格故に世の中では嫌われものでした。そんな女性に転生して、周りのライバルを蹴散らしながら皇后を目指す物語です。

スポンサーリンク

「悪女の定義」のあらすじ

友達に彼氏を取られた日、川に落ちて溺死してしまったはずが・・・ カイロン公爵家の最凶最悪のわがまま娘「シャティ」として生き返った・・・?! 悪女に憑依し他人の人生の残りを生きることになった「芙美」 ある日、レジーナ(皇后候補)に選ばれた「シャティ」は皇太子の恋人「アイリーン」と皇后の座を巡り熾烈な戦いを繰り広げる。 結局愛する人たちを守るため悪女の真骨頂を見せつけようと心に決めた「シャティ」だが・・・

「悪女の定義」56話ネタバレ・感想 

もしかして、デバンスがシャティや皇太子の事を悪くいったのかとアルベルトが尋ね、万が一そうなら罰が下されるといい、シャティは罰が下されるのはむしろ自らの方だと、心のなかで呟きます。こうしてからかっていたユタバインですが、最後には皇太子といい空気じゃないかといいます。作戦がうまくいったのに全然嬉しそうでないシャティを見て、ユタバインは皇太子とバカップルの振りをしていたのが照れくさいんだろうと聞きます。騎士たちはそれにしたがい現場へ向かおうとしますが、皇太子はそれを引き留め、シャティがデバンスと二人っきりの時に話していた中身で、不明である表現があったので、騎士にこれはどのような趣旨なのかと尋ねました。予定表上は出掛ける事になっているが、疲れているようなら休んでもいいと教授する皇太子。シャティは、皇太子には恋人がいるからいい風情になるはずがないのに何でそのような事を言うんだろうと内心混乱します。シャティはアルベルトと分かれ、廊下を歩いていると幼なじみのユタバインと遭遇します。ちょっと昼寝をして個室からでると皇太子がいて、明日は如何にするかと話スタート出来ます。

するとシャティは、じゃあなにもしない日にしようと言い出します。その様子をアルベルトといる個室から除いたシャティ。騎士たちは一瞬おどろきますが、初耳だからすっきりしないと口をセットて言いました。皇太子は騎士達に、奴隷商人のアジトへ突撃するように命じます。皇太子は、それでいいのかとおどろきますが、シャティは皇太子がなにもしない事の良さがわからない事に気付き、皇太子の事をあわれみます。明日はなにもしない事がきまり、シャティは皇太子になにもしない事の楽しさを教えてあげようとはりきります。皇太子は思ったよりもデリケートな性格なのだと感じていると、アルベルトが声をかけてきました。そのためアルベルトが何を思って皇太子に対して何を思っているのかという事が分かってとても良かった話でした。

ネタバレ・感想まとめ

悪女の定義49話ネタバレ・感想!

悪女の定義50話ネタバレ・感想!

悪女の定義51話ネタバレ・感想!

悪女の定義52話ネタバレ・感想!

悪女の定義53話ネタバレ・感想!

悪女の定義54話ネタバレ・感想!

悪女の定義55話ネタバレ・感想!

悪女の定義57話ネタバレ・感想!

悪女の定義58話ネタバレ・感想!

悪女の定義59話ネタバレ・感想!

悪女の定義60話ネタバレ・感想!

スポンサーリンク

コメント