吹奏楽の練習にコツはある!?考え方次第で上達に差が!

スポンサーリンク

どうも、くろすけです。

 

皆さんは普段どのように基礎練習をやっていますか?

ロングトーンをしたり、音階練習をしたりいろいろなバリエーションがあると思います。

 

しかし、毎日同じように練習をローテーションしているだけではうまくなりませんよ

 

基礎練習で大事なのは、目的をもって練習をすることです。

 

どういうことか説明しますね。

例えば、ロングトーンは何のためにやっていますか?

 

ロングトーン練習はいろいろな効果があります。

  • 音をまっすぐにのばすため
  • 正しい音程で演奏する
  • きれいな音を持続させる
  • できるだけ長く音を伸ばせるようにする
  • 短いブレスで長く伸ばす練習

などなど、少し考えただけでこれだけ挙げられます。

 

では、あなたのロングトーン練習では、

何を目的に練習していますか?

 

上にあげた項目をすべて意識するのは難しいでしょうし、

レベルや苦手もあるので、その都度目的を設定する必要があります。

 

なので、私がおすすめする練習のコツは

 

基礎練習をする前に、

何を意識して練習すべきかを考えてみましょう

 

自分の苦手を把握しているのであれば、

それに合わせて基礎練習のメニューを組み合わせることもできます

 

例えば、低音が苦手だったら低音でロングトーンをしてみたり、

音階練習を低音域でやってみたり。

 

いろいろな方法が考えられます。

 

繰り返しになりますが、

練習をするときに一番よくないのは、

何も考えずに機械的に練習することです。

 

これでは自分の苦手を把握することも難しいですし、

吹いている時間が無駄になっているといっても過言ではありません

 

是非、自分で基礎練習の目的を再確認してみてください。

 

また、後輩と一緒に練習するときには

なんでこの練習をするのか、どこに気を付けて練習したらいいかをはじめのうちで説明しましょう

 

パート練習を仕切ることの多いパートリーダーの皆さんは、

是非パートのメンバーのレベルに合わせた目的を設定しましょう

 

オーソドックスな基礎練習のメニューに

どんな目的で練習をしたらいいのかまとめてみたので、

参考にしてみてください。

 

ロングトーンは冒頭で書いているので、割愛します。

上から下に行くにつれて熟練者向けになっています。

 

音階練習

  • 全部の音をしっかり出す
  • 音符の長さやテンポに気を付けてみる
  • ブレスを取った後に遅れないようにする
  • 音程に気を付ける(上昇形と下降形で音程が変わらないように)
  • アーティキュレーションを変えてみる(スラーやレガート、スタッカートなど)
  • テンポを上げて指のテクニックの練習をする
  • 全ての音域で均等な音色で演奏する

などなど

 

タンギングの練習

  • テンポと音の長さに気を付ける
  • 音の出だしが汚くならないようにする
  • テンポを速くしてみる
  • 四分音符から六連符までやってみる
  • 全音域で同じようにタンギングできるようにする

 

ユニゾン練習

  • ほかの人の音を聞いてみよう
  • 音の出だしと終わりの音を切るタイミングを合わせる
  • 音の変わるタイミングをぴったりほかの人に合わせる
  • 音程を合わせる
  • 音色をそろえる
  • 表現に気を付けてみる

 

ハーモニー練習

  • ほかの人の音を聞いてみよう
  • 同じ音の人同士で合わせてみよう
  • 違う音を吹いている人の音を聞いてみよう
  • 自分の音が主音なのか、そうでないのかを考えて吹いてみよう

 

どうでしょうか。

こうしてみると、同じ練習でも様々な目的を設定できることがわかりました。

練習の前にそれを整理することで、効率的に練習できます

 

是非、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント